大抵の場合、アクリルや塩ビ等の表面は、紙やフィルムで保護されております。

保護紙・保護フィルムの取扱い

  • 保護紙
    表裏面ともに剥がしてから加工します。
    剥がした保護紙は、廃棄します。
  • 保護フィルム
    表面は、剥がさずそのまま加工します。
    もしも、裏面にもある場合は、剥がします。
    剥がした保護フィルムは、廃棄します。

加工後の保護フィルムの状態

切削面の保護フィルムは、捲れてしまったり、綺麗に切れずに残る場合があります。

もちろん、アクリル板や塩ビ素材そのものは、きちんと加工されておりますのでご安心ください。