クランプ天板の作成

クランプが使えるようにCNCルーターのアルミフレームまで貫通溝付きの天板を作ります。

天板には、ケミカルウッドを使っています。

手持ちのケミカルウッドは、天板サイズが1枚、半分サイズが2枚あったので、貼り合わせて50mm厚にしました。
では、貫通溝と固定穴を加工し、アルミフレームにボルトで固定します。

端材(旧タイプの肌色のケミカルウッド)から削った棒で穴を埋めます。

面はねして完成です。

これでクランプ固定ができるようになりました。

前の記事

CAD用PCの買い替え

次の記事

作業場のエアコン